ナタパケ結婚して

ワットソンと入籍しました

インム流行った世界線2

クーパー「BT、ここはどこだ?」

BT「ここはIMCの傭兵部隊の本部ゾナス。」

クーパー「その喋り方をやめろ。スクラップにされたいのか。」

BT「言ってる意味がんにゃぴ…よくわからないです。」

クーパー「ハァーッ(クソデカため息)とりあえずとんでもないとこを見つけちまったな。偵察するぞ。」 

 

ブリスク「おい!俺のコレクションが1つないぞ!1本1.14万ドルするんだ。探せ!」

アッシュ「ブリスク、ビデオデッキの中でしょう。また同性愛者のビデオなんか見て何が楽しいんだか。」

ブリスク「黙れ!高い金を払って雇ってるのはちくちく言葉を言わせるためじゃないんだぞ!分かったら壊される前にとっととMAD作成を手伝え!」

アッシュ「これもうわかんねぇな。」

 

リヒター「イキスギィゾナスンゴ、ブリスク、偵察部隊だ。」

ブリスク「放っておけ!そんなよくわからん連中相手にしてられん!「野獣先輩野獣先輩ではない説ではない説ではない説」を提唱せにゃならんのだ!」

ケイン「ヘッ!そんなことしてるから学会から追放されんだよ。」

 

クーパー「BTまずい気づかれた!」

BT「そうですね。しかし彼らに敵意はありません。彼らは金の力で動きますが、給料外のことはしません。」

クーパー「ゆとり世代だったか。俺も見習おう。」

 

スローン「戻ったわ。」

アッシュ「あら、早かったのね。ブリスクの手伝いでもしたら。」

ブリスク「アッシュ!寝てないでやれ!」

スローン「フン!私はアークについて1145141919810時間も調査してたのよ。(大嘘)」

ケイン「これマジ?調査時間が長すぎるだろ…。」

 

クーパー「地獄みたいな傭兵部隊だな。戦争が続くから一般的な教育課程が疎かになる。クソ!」

BT「  教  育  壊  れ  る  」

クーパー「黙れ!」

 

バイパー「戻ったぞ。どうしたんだ?」

ブリスク「こいつがイキスギててな。」

スローン「それはまじでよくわからん。普通に調査から戻っただけよ(そこは危険!離れて!)うっ!頭の中に私の声が聞こえる!」

バイパー「お、おう。娘がインマーになりそうなんだ。助けてくれ。」

ケイン「ヒカマーになるよかマシだろうが!褒めてやれ。俺が英才教育してやってもいいんだぜ。」

バイパー「お前影薄いんだよ黙れ誰だよ。ざこ乙w」

ケイン「ヴァルキリーのおかげで知名度上がったからって黙ってくんね?チクチクスナイパー芋り乙w」

ブリスク「本題に入る。どうやらIMCが取り逃したパイロットが1人生き残っているらしい。やつはタイタンを操ってIMC陣営にかなりの損害を出している。探し出して始末しろとの事だ。」

スローン「(あいつかーー??)」

 

BT「狙われてて草」

クーパー「早く応援を呼ばないと!」

 

スローン「(敵に狙われてるわよ)しょうがねぇなぁほんとにーじゃあ勝たせてやるか(IMCを)。見とけ見とけよー(戦後の平和)」

 

クーパー「こちらジャック・クーパー。訳あってBT-7274のパイロットをしているが応援を要請したい。敵はこちらを狙っているらしい。」

BT「そうだよ(便乗)」

クーパー「黙れ!とにかく兵士を送ってくれ。」

サラ「了解よ。すぐに応援を送るわ。」

 

クーパー「このままだと、淫夢に殺される!」

 

タイタンフォール2インム流行った世界線

BT「クーパー、インムとはなんですか?」

 

俺はジャック・クーパー。訳あってこの相棒、BT-7274のパイロットになったミリシアの兵士だ。俺たちはIMCの最新兵器について調べている。

 

クーパー「なんだ?どこで知ったんだ?」

BT「アンダーソン少佐のデータのログに残っていました。再生します。」

ホロのアンダーソン「イキスギィイクイクンアーッ!タイタンがデカすぎる。」

ホロのブリッグズ「アンダーソン、私が死亡届を書くのと淫夢が嫌いなのは知っているでしょう。タイフォンでは淫夢は恥ずかしいことなのよ。」

アンダーソン「おっ大丈夫か大丈夫かバッチェ冷えてますよー。未だに結婚できなてないってはっきりわかんだね。」

ブリッグズ「やめろ!!」

 

BT「以上が、ブリーフィング時の2人のやり取りです。」

クーパー「俺はもう司令の顔を見たら笑ってしまうだろうな。」

BT「肯定。ネット上に淫夢のデータがありました。ダウンロードします。」

クーパー「これは…「野獣先輩野獣先輩ではない説」だと?」

BT「この男は、IMCのA級戦犯で、$114514で指名手配されています。」

クーパー「どういうことだBT、こいつは7世紀近く前の人間だぞ。当時から行方不明だ。」

BT「どうやら、APEXプレデターズのクーベン・ブリスクが探しているようです。」

クーパー「なんで傭兵屋がゲイビデオ男優を探すんだ!全く。今すぐデータを削除しておけ。」

 

「そうはさせないわ!」

 

BT「クーパー!伏せて!」

 

ガシャァァァン

 

スローン「私はスローン、APEXプレデターズの傭兵で、レイスと声優が同じよ。」

クーパー「APEXプレデターズだと!?レイスって誰なんだ!」

BT「レイスのデータもありました。30年後にブリスクが開催するAPEXゲームという競技で、レジェンドと呼ばれるほど強い元科学者で、オリンパスにあるフェーズのような技術を使う戦士です。」

クーパー「おい!レイスもどきだかなんだか知らんが何の用だ!邪魔するなら容赦はしない!」

スローン「私はレイス、仕事の邪魔しないで…じゃなくてデータを消させないようにするために来たのよ。そしてこれを取っておくといいわ。」ポイッ

クーパー「これは!7世紀前の映像記録デバイス?パッケージには…「真夏の夜の淫夢」だと?」

BT「クーパー、解析します。こちらへ。」 

クーパー「まて!ウイルスの可能性もある。再生端末を探そう。」

スローン「もっていなかったのね。これもくれてやるわ!」ポイッ

BT「これは、再生端末ですね。モニターに接続しましょう。」

クーパー「何だこの3色の端子は。とりあえず該当するところに刺したぞ。再生する。」

 

イキスギィ!イクイク!ヤメテクダサイヨ!

 

クーパー「テルミットランチャーで破壊しろ!」

BT「それはできません。」

クーパー「IMCめ、今度は精神攻撃か!」

BT「言語データをアップデート中……」

クーパー「おいやめろ!ゲイの人たちを差別するゲームになってしまうぞ!」

 

BT「中国製パーツはカス!淫夢は神!クリプトは朝鮮人朝鮮人が日本の米食ってんじゃねぇよカス(ワンピース名言集)ゾナスゾナス」

 

クーパー「ウイルスか!しょうがない、あの女を追うぞ!」

タイタンフォール2

はつかき

 

タイタンフォール2ってなに?

戦争ゲームです。オンライン戦争モードとオフライン戦争モードがあります。「師匠が死んで受け継いだロボット乗ったら無双した件」みたいなストーリーですが、めちゃくちゃ楽しいです。5時間くらいでクリアできるのでAPEXプレーヤーはストーリーと背景把握のためにもやっておいて損は無いです。テンポよく進むし気持ちいい。

 

APEXとのつながり

APEXプレデターズという傭兵集団の首領、クーベン・ブリスクという男がAPEXゲームの主催者でありタイタンフォール2での宿敵である。IMC(バンガロールがいた軍隊)に雇われており、様々な傭兵を使って主人公の邪魔をしてくる。メンバーにはアッシュや、レジェンド、ヴァルキリーの父親であるバイパーなどがいる。血の気の多い蛮族のようなメンバーが勢揃い。レイスと同じ声の別人もいる。


f:id:Michelle_001A1:20210712031521j:image

バイパー


f:id:Michelle_001A1:20210712031540j:image

主人公を捕らえたブリスク(右側)

 

かなり安くソフトが買えるのでオススメです。

二次創作で書いたAPEXのご都合設定集

APEXゲーム

アウトランズで1番盛り上がるイベント。ブリスク主催。マッチ内で殺されても実際に死ぬ訳では無い。ダミー的な本人そのままを再現したロボットにタイムラグなく感覚を同調している。本体の居場所は秘密。倒されると箱になる。

 

ラウンジ

ミラージュのバーがある。

レジェンドが集まったり交流したりする。一般客もいるがほぼ貸切状態なのでほとんど客が来ない。

 

淫夢

流行らんかった

 

キャラの解釈違い起こしてたら申し訳ないです。許してください。

 

 

クリプト×ヴァルキリー妄想話

ヴァル「今回のゲームはデュオであんたとチームか。よろしくな。」

クリプト「お前は新入りの…今原カイリだったか。俺は新入りだからといって甘く見てはいない。」

ヴァル「ありがと!私もあんたを先輩だとは思ってないよ。どうせすぐ抜かすさ。あんたのもっと上に行かないといけないからね。」

クリプト「ヘッ、頼もしいな。信頼しているぞ。」

 

降下準備のアナウンスが鳴り響く。

強気な新入りは嫌いじゃない。

 

ヴァル「ジャンプマスターは私に任せな。」

クリプト「見極めてやるよ。お前がやれるかどうかをな。」

ヴァル「行くぞ!」

クリプト「いい軌道だ。あそこへ降りよう。」

ヴァル「敵のいない所に降りてどうすんだ!」

 

クソッ見当違いだったようだ。

二度とこいつとは組みたくない。

 

ヴァル「とにかく敵を倒すんだ!」

クリプト「カバーする!」

ガガガガガパンパンパンスタタタタバララララ

 

2分後

 

クリプト「ふぅ…なんだかんだで俺がキルリーダーだ。」5キル1200ダメージ

ヴァル「あんた強いな!危なかったよ!」2キル685ダメージ

クリプト「おい、ひとつ教えておいてやる。今回はたまたま勝てたからいいが勝ちたいのなら堅実に動け。」

ヴァル「わーったよ。もうしないさ。」

 

移動索敵中

 

クリプト「あれは…レイスだな。厄介なのがいる。」

ヴァル「隣にいるのはバンガロールじゃないのか?トップクラス2人か。賭場が盛り上がるわけだ。」

クリプト「賭場?何の話だ?」

ヴァル「あんた知らないのか?って、伏せろ!!」

クリプト「危ない!」バッ!

 

ヴーーーンビュン!

クリプト「チャージライフルか、どこからだ!?」

ヴァル「あ、あのお兄さんどいてくんない?この体制じゃちょっときついというか近いというか押し倒されてるというか……」

クリプト「少し静かにしてろ!今頭を出したら抜かれるぞ!」

 

チャーライの主ワットソン「ああっ!クリプトが新入りを押し倒した!許せないわ…!」

ローバ「ふーん積極的じゃない。いいわね。」

 

ヴァル「どけっての!」

クリプト「うおっ!早く隠れろ!」

ヴァル「ジェットエンジン起動…スラスター良好…私は逃げも隠れもしない…!発進!!!」

クリプト「ぐっ!もういいお前に合わせる!」

バビューーーーーン

 

ワットソン「キー!!オラオラ頭出せ全員ヘッショでぶち抜く!」

ローバ「ちょっと!上から来るわよ!」

ワットソン「なんで!?来る方向にジャンプタワーはないわよ!?」

ローバ「あれが新入りの能力ね。気をつけて!うっ!」

 

ヴァル「ダメだよお姉さんよそ見しちゃ。私だけを見ていておくれよ。」ババババ!

クリプト「ナタリー、悪いが新人教育中なんでな。手加減はしない。」ズガン!

 

ワットソン「ウッ!さすがねテジュン…」バタッ

ローバ「してやられたわね…」バタッ

 

クリプト「これで6キル、依然キルリーダーだ。」

ヴァル「私がローバお姉さんを手にかけるなんて…うっうぅ…」グスッ

 

クリプト「おい、泣いている暇はないぞ。今の戦闘で確実に別部隊がこちらに向かっている。残りチームは5、リングは第3だ。すぐにここを離れるぞ。」

ヴァル「嘘泣きだよバーカ。でもちょっと辛い…。」

 

移動索敵中

クリプト「次のリングは恐らくスカイフックだ。さっき見た空爆は恐らくバンガロールだ。気をつけて進もう。」

ヴァル「フン。空爆だろうとなんだろうと私の敵じゃないね。」

 

ブォーン!

 

ヴァル「避けろ!ジブラルタルがいるぞ!一旦退け!」

クリプト「わかってる!EMPを打って時間を稼ぐ!ここは逃げでいい!」

 

ジブラルタル「クソ!EMPを食らっちまった!」

オクタン「こんなのへっちゃらさ!速く行くぜ!」

 

クリプト「ジブラルタルとオクタンか。なかなか厄介だな。」

ヴァル「私のミサイルは使えないか?」

クリプト「厳しいな。まだジブラルタルにはドームシールドがある。そしてさっきドローンを飛ばした時に2部隊と出ていた。迂闊に出るよりバレてない今は隠れた方がいい。」

 

ジブラルタル「出てこいよ!俺様とやり合おうぜ!」

オクタン「出てきても速攻倒すがな!誰よりも速く勝利する!」

 

バンガロール「お望み通りに相手してあげるわ。」ズドドドドドドドド

 

ジブラルタル「チッ!ローリングサンダーか!ジャンプパッドを頼む!」

レイス「させないわ。」スパコーン!

オクタン「うぉぉぉ!ダウンした!クレーバーだ!逃げろ!」

 

クリプト「今がチャンスだ!リングに向かう!」

ヴァル「ジェットの用意はできてる!」

 

着陸後

クリプト「結局リングで焼かれて共倒れのようだな。残りは2部隊、付近にいるが建物の中だな。ドローンで見つけてやる。」

ヴァル「いたぞ!ミラージュだ!」バンバン!

クリプト「バカ!撃つな─」

カッカッ  ドカァーン!

ヴァル「クリプト!」

クリプト「フラグを食らったが生きている。攻めてくるチームを牽制しろ!少し回復させてくれ…」

 

別の家

ライフラ「よし!ピッタリ当たったわ!」

ミラージュ「騙されたヤツがいるな!俺のデコイを撃つなんてな!例えるならタコの吐いた墨をタコだと勘違いしたタコの天敵だな!」

ライフラ「わかりにくい例えしてないで黙りな!まだ攻めるんじゃないよ。恐らく隣の家にも敵がいる。まだ我慢だ。うちらが1番高い建物をとってる。」

 

別の家B

パス「ねぇお兄ちゃん。やり合ってるけど行かないの?」

レヴ「フン!あんなのは牽制のし合いだ。私たちがノコノコ出ていけば即鉄くずになるだろうな。」

パス「最終ラウンドは僕たちの目の前みたいだし、このまま維持すれば勝てそうだね!」

 

クリプト「ライフラにミラージュ、パスとレヴナントのようだ。」

ヴァル「おいもう少し休んでろ。衝撃で身体がやられてるはずだ。」

クリプト「そんなことはない。うっ!」

ヴァル「ほら言ったろ。あんたはここで待ってな。あんたをこんな目に合わせたんだ。お礼に私が片付ける。私の合図に合わせてEMPだけ打ってくれ。」

 

ヴーーーン!ヴーーーン!ヴーーーン!

ヴァル「リング閉鎖だ!まだ待てよ!」

クリプト「くっ!不本意だがお前のオーダーに従おう…」

ヴァル「限界まで引きつける。さぁ出て来い……………………来た!ここだ!打て!行くぞ!」

クリプト「EMPを起動!あとは任せた!」

ヴァル「グレネードを投げる!テルミット!アークスターを喰らいなぁ!」

ライフラ「うわぁ!ダウンした!」

レヴ「黙れ!」ガシャァン!

ミラージュ「おっと!姿が消しきれねぇ!オワー!!」

パス「一人で来るなんて、無謀と言うより馬鹿だね!」

クリプト「誰が1人だって?」ズガンズガンズガン!

パス「おっと!危ないなぁ。でも、僕は負けないよ。あ、お兄ちゃん!」

レヴ「影の世界へ誘ってやる…」ババババババババ

クリプト「なに!?うっ!ダウンした!」

ヴァル「言っただろ。私に任せなって。ミサイル発射!敵にヒット!」ババババ  ヒュンヒュンヒュン!

パス「あれぇ!?ダウンしちゃった!」

レヴ「クッ!どこだ!」

ヴァル「上だよバーカ」スパコーン!

レヴ「なん…だと…バタッ」

シャキィーン!

「APEXのチャンピオンが誕生しました。」

ヴァル「しゃあ!7キルキルリーダーで初優勝!伝説の幕開けとしては最高だなぁ!」

クリプト「まさかお前に助けられるとはな。感謝する。」

ヴァル「へっ。私を信頼したあんたの勝ちでもあるんだぜ。誇りな!」

ヴァル「あ!あと!途中で押し倒したの、許してないからな。後で覚えとけよ。」フザケンナヨオネーサンニミラレタジャンブツブツ

 

クリプト「フン!まだガキだな。」

 

 

ラウンジ

 

ミラージュ「クリプちゃんと新入りの優勝にカンパーイ!」

ブラハ「見ていたぞ。素晴らしい動きだな。さすがは空を駆けるヴァルキリーと言ったところか。」

ヴァル「へっ、褒めたって何も出やしねーよ。だがここは奢らせてもらうぜ!みんな!レジェンドである私からの奢りだ!ガンガン飲め!」

カランカラン

クリプト「遅れてすまない。なんだ、もう始まってるのか。」

ヴァル「!おい!」バーン(クリプトを壁に押し付ける)

ヴァル「私を押し倒したお返しだ♡負けたらアンタをぶち抜いてたね。今日はありがと!」

クリプト「…!ふぅ…驚いたぞ。あれは押し倒したんじゃなくてだな。」

ローバ「なかなか情熱的じゃない。私そういう男性も好きなのよ。今度デートしましょ♡なんてね。」

ヴァル「あーもうお前ふざけんなよ!バカバカバカ!なんでお前が誘われんだよー!勝負決めたの私なんだぞーなんでなんでクドクド…」

 

ワットソン「クリプト!私にしてくれてもいいのよ!」

レイス「ナタリー、あなた彼が好きなの?」

ワットソン「え?ただの友達よ?」

レイス「そう、なの?」

 

 

クリプト「俺はお前を認めるぞ。今原カイリ。」

ヴァル「今日ので認めなきゃいつ認めるのさ。あんたもレジェンドの名に違わない実力派だね。また組みたいよ。」

 

ヴァル・クリ「改めて、2人の勝利に乾杯!」カーン!